萩殺人事件 WITH 汚れちまった道

登場人物(登場順時系列)
浅見光彦(あさみみつひこ)・・・フリーのルポライター。兄は警視庁
松田将明(まつだまさあき)・・・浅見光彦の大学の同期生。独身。
斉藤           ・・・松田の上司
西岡由姫(にしおかゆき) ・・・萩在住のジュエリー作者
及川真由美(おいかわまゆみ)・・旅館「常茂恵」の女将。西岡由姫の高校の先輩。
生島一憲(いくしまかずのり)・・・松田が拾ったペンダントを送った人物
津幡           ・・・松田が湯本温泉で会った男。美弥市議会議員
八木康子(やぎやすこ)  ・・・松田のお見合い相手
八木浩治(やぎこうじ)  ・・・八木康子の父親。津幡と知り合い
八木千賀子(やぎちかこ) ・・・八木康子の母親
村井           ・・・萩警察捜査員
平野           ・・・萩警察捜査員
山下           ・・・美弥警察捜査員
関登美男(せきとみお)  ・・・美弥更正促進センターの総務部調査係
高梨           ・・・美弥更正促進センターの所長、法務省からのエリート
寺田繁次         ・・・美弥市議会議員
井浦           ・・・美弥市議会議員。殺された生島とは対立
生島友義         ・・・生島の養子。美弥しないにある「生光商会」の社長
生島武人         ・・・生島一憲の実子。美弥更正促進センターに服役
坂元茂保         ・・・松田に忠告する男
奥田伸二         ・・・道の駅萩往還の近くで車が発見される



【1】ジュエリーを焼く女


 松田将明が上司から見合い(宇部在住)を勧められ、山口県は萩市まで行く列車の描写から始まります。
JR山陰線の鈍行で行くのですが、当該列車は時間割はほぼ同じでも現在は東萩駅に停車しないようです。
東萩の手前にある線路沿いに。世界遺産萩反射炉の公園があり、その公園で綺麗な女性と目が合います。



萩反射炉 ←ここで松田はペンダントを拾う↓
〒758-0011 山口県萩市椿東4897?7Pinpoint Map !

常茂恵
〒758-0025 山口県萩市土原608?53Pinpoint Map !
会社から手配された萩の高級旅館



「常茂恵」で売っていたアクセサリーが、「萩反射炉」で松田が拾ったペンダントと同じような物が売っていた。教えてもらった西岡由姫の工房へ行き、持ち主(生島一憲)が判明したので郵送した。が、そのすぐあと生島一憲が殺されてしまったので、松田は萩署の刑事たちに尋問を受けることになる。

松田の立ち寄った観光地 Pinpoint Map ! ↓↓↓
萩城跡地 松下村塾 毛利家の墓 松陰神社







【1−2】長門市仙崎へ



萩観光のあと、松田は長門市仙崎へ立ち寄る。旅館は飛び入りで「大豊館」にした。そこの親戚がある「青海島」の「くじら資料館」「鯨墓」を訪ねる。一休みしたあと「湯本温泉」の外湯で津幡と言う男と出会うが、その男が見合い相手の八木康子の知り合いだった。


大豊館(架空の旅館。これに関しては真偽不明)Pinpoint Map !
長門市仙崎の旅館。(モデルになったのは現KULABO大正館と思われる)


〒759-4101 山口県長門市1904?1


湯本温泉 外湯  長門湯本温泉 立ち寄り湯 恩湯(おんとう)


Pinpoint Map !

〒759-4103 山口県長門市深川湯本2265






次の日の朝、浅見は萩署の警察官(村井、平野)らから生島一憲が殺されたことを知り、長門署で尋問を受ける。
死体は萩の「恵美須ヶ鼻造船所跡」地先の海に流れ着いたらしい。


恵美須ヶ鼻造船所跡 〒758-0011 山口県萩市椿東 字小畑浦 Pinpoint Map !






【2】 哄笑う女







松田はその後、生島家まで立ち寄り夫人にあって話を聞くが、かえって不審に思われ通報された。
容疑は張れたモノの捜査の邪魔をしないよう美弥から立ち去るように言われる。
 旅の最初の目的地、宇部へ向かう松田。宇部の宿泊先は「ANAクラウンプラザホテル宇部」作中では「全日空計のホテル」と言う記述であるが、そこで萩の反射炉で出会った女を見かける。

「明徳」と言う割烹旅館で八木康子とお見合いをするのだが、なんと反射炉とANAホテルで見かけた女性がその女だった。


ANAクラウンプラザホテル宇部 山口県宇部市相生町8
Pinpoint Map !


割烹明徳〒755-0045 山口県宇部市中央町1丁目7?11
Pinpoint Map !

「明徳」を出て、今度は二人きりで康子の知っているお店に行き、松田は康子にカマを掛ける。この時点で明らかに康子が怪しい設定で話は進み、松田は疑心暗鬼になる。「哄笑う女」の意味はこの章の最後の方に出てくる康子の仕草を表している。



【3】怪しい女




次の日松田は、生島一憲が死に至った原因は昔の「美弥更正促進センター」建設に何らかの原因があるとみて訪れる。宇部新川駅から美弥線美弥駅からタクシー。
アポをとって訪れた松田は建設に至る経緯歴史の説明を受ける。

美弥社会復帰促進センター(作中は美弥更正促進センター)
〒750-0602 山口県美祢市豊田前町麻生下10Pinpoint Map !


当初、建設反対派だった生島一憲は、ある時を境にして推進派に鞍替えった。帰りに生島の養子が経営している「生光商会」に立ち寄り関係性を確かめるが生島の実子(武人)と養子(智憲)は親戚で武人は行方不明となっている。
駅に向かう途中、坂本と言う男に忠告を受ける。




その日の夕方、康子と食事をする約束をするが、西岡由姫を同伴させていた。(ホテルからタクシーで5,6分のイタリア料理店)




【4】目撃された女

イタリア料理店を出て西岡と別れ、昨日のバーに呑みに行く。
康子は萩に行った理由を卒業した「明倫小学校」の同窓会で、と言った。


明倫小学校 〒758-0041 山口県萩市江向3区475Pinpoint Map !



ぶっちゃけた話しをしところ、どうにか康子は犯人ではなさそうだ。
康子の家は「山口宇部空港に近い岬町」にありタクシーで帰る。



松田はレンタカーで長門へ向かう。
国道190号から316号経由で「大豊館」へ向かう。昼食後萩へ



道の駅萩往還 〒758-0061 山口県萩市椿 字鹿背ヶ坂1258
Pinpoint Map !






松田は萩警察に立ち寄り情報を入手。宇部に帰るついでに「道の駅萩往還」に立ち寄る。
一方、浅見は奥田伸二の妻からの依頼により奥田の行方をさぐっていた。(汚れちまった道
道の駅の、店員の情報から車が発見された場所を聞き出し行ってみる。



康子と会った松田は康子からネックレスを落とした女性が小学校の同級生の女性じゃないか?と聞かされる。その女性が三ヶ月前に生島と会っていたのを目撃したと言う










【5】消えた女

康子の軽四でドライブに行くことになった

常盤公園Pinpoint Map !  → 秋吉台Pinpoint Map !  → 赤間硯の里Pinpoint Map !
康子は成松利香と反射炉で待ち合わせしていた。












ロケ地図へ


Pinpoint Map !

基本データ          TOPへ戻る